FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

コミケおじさんと言い合いになった (7/14 拍手返信コメントを書きました!)

いつかなると分かっていた。



住所の次は私が務めているマッサージ屋の事を教えてくれって言っていた。
当然の如く私は断った。



そしたら、コミケおじさんは「……そんなに私は信用がないのか」と言われた。


……今回もこんな感じです(゜レ゜)すみません。
そしてコメントいただき、ありがとうございます!!もちょっと返信に時間がかかります、すみません_:(´ཀ`」 ∠):
_:(´ཀ`」 ∠):








私は誰も信用していない気がする。
信じているのは私の主観だけだ。




おじさんに悪気がないのも知っている。
多分だが、悪意はなく私との距離を縮めたいのだと思う。





家がバレたら、実家に迷惑がかかる、とか……職場にも迷惑がかかるかもしれないからとか、言えない理由は沢山ある。
その理由を言った末が「そんなに私が信用できないのか」だった。



出来るわけがない。
信用できない。

だって責任も取れない。職場に迷惑がかかっても、実家に迷惑がかかっても、私一人では責任すら取りきれない。


……でも、それは後付けの言い訳の様な気がした。


私は未知の関係が怖い。
私の理解できる範囲でしか交流したくない。

多分おじさんを拒む理由はそれだと思う。




それでいて友人だと言えるのだろうか?
卑怯ではないか?私の範囲内でしか交流したくないなんて、相手からすればただのワガママではないか?



ヴァルさんは『マスターが孤独でも僕がいるじゃないか人間』なので、(ついでにEBさんも私に肩入れする人間だから)
静かな、私に肩入れしない第三者の新タルパに相談してみた。
(新タルパについては裏ブログに詳細がある。詳しくは彼が安定してから紹介します)




「私は卑怯かもしれない……。だって私の理解できる範囲内でしか付き合わないよって、ワガママじゃないかな……?」



バロさん
「それがワガママでも、貴方はそうしたいって思っているんでしょう?貴方の意思は示したんだからそれで良いんじゃない?」



バロさん
「貴方は程よい距離感のある友達が欲しい。相手は親密な、元親友の代理の様な友達が欲しい。こう言ってはアレだけど、最初から求めている質が違いすぎたんだよ」



バロさん
「相手を傷つけるからって、貴方が相手の距離無しを許容する? 貴方が苦しくなるだけだよ、きっと」




「……相談してもいい? ……それでも悪意もなくただ仲良くしたいって思いだけでもそれを咎めるのはどうかな、って思う……」




バロさん
「……。その時は貴方の好きにすればいいと思う。公正かといったら相手もワガママを言っているんだから。相手からすれば貴方を納得させるか、貴方の人間不信を含めて付き合うか、友達を辞めるかしかないと思うよ」



バロさん
「相手も、貴方を元親友の代理にしようとしている、それを理由に貴方の人間不信を踏み躙って良い訳はないよ」




バロさん
「……少なくても、そんな思い詰めた顔をするぐらい貴方は真剣に相手の事を考え過ぎている。それで十分過ぎるんじゃないの?」





「…………。うん、……ありがとう。少し、心が軽くなった気がする(゜レ゜)」



バロさん
「……確かに、こんな相談内容だったら兄さん(ヴァルさん)には向いてないかもね」





「ははは、うん。たしかにヴァルさんなら別の事を言いそうだな(笑)」




「……それは別として私の許容範囲狭すぎると思わない(゜レ゜)?」



バロさん
「一般的な感性から見たらね。それもEBから言えば『君の個性』って奴でしょう?」




「言いそう(笑)ヾ(*´∀`*)ノ」



バロさん
「……一つ、改善する所があるのなら……、貴方はもっと笑った方が良いと思う」




「……こんな風に?」



バロさん
「違う。もっと朗らかに。いつも真顔だから変に誤解される」




「難しい事を言うなぁヾ(*´∀`*)ノ……でも、せっかくの助言なんだ。……ちょっとずつ頑張ってみる」




バロさん
「……貴方は何でもかんでも頑張っているけど、そんなに一遍に頑張ろうとするなんてマゾなの?……もっとゆったりと時間をかけて頑張りなよ」





「いやいや、だって、せっかくくれた助言なんだもん!!頑張りたくなるのが性と言うか……」



バロさん
「……変なの。ただの新入りタルパの、ちょっとした助言だよ。そんなに受け止めなくても……」





「私、君と話せて嬉しいよ。会話もできてとても嬉しい。だから頑張りたいと思うし、大事にしたいって思うのよ」




バロさん
「……。…………。……へんなひと。」






ーーーー
具体的な案は出なかったけど、コミケおじさんはこのまま保留にしようと思う。
人から見れば私は酷い奴かもしれないな……。とだいぶ落ち込んでいる(´・ω・`)


でも、だったらどうすれば良いのだろうか。
バロさん(今回相談したタルパ)の言う様に、私は程よい距離感のある友達が欲しい。
家族ぐるみとか、職場にも遊びに来る友達にはなりたくない。


むしろ職場であれば仕事として勤しまないといけない。
遊びで来るなら私はそれは嫌だと思う。……もちろん患者としてならマッサージするけど



あと、新タルパさん。
私に特別肩入れはしないと言っていたが、それでも私に気を遣ってくれた゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
優しい奴め。だから私も真摯で在りたいのだよ



ーーーーーーー
7/3 拍手コメントの返事

拍手コメントありがとうございます!゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
うーん、やっぱりそう思いますか……(´・ω・`)

私も初めは「これ、友達じゃなくて恋人(恋愛感情)持ってない??」と今でも少し疑念に思っています……(´・ω・`)
コミケおじさんが5ちゃんに居そうなのはちょっと同意(笑)何というか……意思疎通が取れていない。
距離梨さんなのは確かだと思う()

おじさんが「恋愛感情を持っていない」と言い続ける以上、私はその言葉を信じますが、
多分コミケおじさんは私とのライン画面を恋人同士の会話として捉えていても動じません(´・ω・`)そんな感じもするので

とりあえず距離を置きつつ、交流しようと考えておりますゞ(゜レ゜)ゞコメントありがとうございました!!
スポンサーサイト



Newest

Comment

Leave a comment