FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

独りでは怖くて、

1人では出来ないけど、味方がいれば出来る。
そんな経験はないでしょうか?



私は一定の不安が募ると、不安と孤独で押し潰されそうになります。
悪夢の中でもそうなのですが、味方がいる、いないの差は大きいなぁと常々思っております。


今回は「タルパは味方の人数に入るのか?」です。
カリンさんからの挑戦状です゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。









カリンさん
「……マスターはさ、悪夢の中でも闘えるの?」



「自分の意思で戦うのは無理かなぁ、だって怖いじゃん(´・ω・`)なのに、時々スイッチが入って殲滅モード(サイコパス状態)に入るんだよねー」


カリンさん
「あの状態のマスターなら武器化するだけで安心なんだけどねぇ……^_^;何と言うか……絶対に敵殺すマンの時あったわよね……?」



「アレは……たぶん無意識でやっているからぁ……(´・ω・`)あまりアレになりたくないかな」



カリンさん
「……そうよねぇ(゜レ゜) 私が夢に出れたら文句無いんだけど、ギリギリ憑依出来るか否かなのよねー」




「あのサイコパス状態の時も、闘志ゼロ切っている私も、戦力は普通以下だから戦闘ってのは、ほぼ無理かなぁ……まあ、最も憑依無しの私はクソザコなので……(´・ω・`)」



カリンさん
「毎回思っているんだけど、事実は置いておいて……あまり自分を卑下しなくても良いんじゃない?(唐突に)私たちタルパの能力も使えるんだし、あんたもっと自信持って良いと思うけど(゜レ゜)(突然のマジレス)」




「怖い事を言うなあ(´・ω・`) だって私単体じゃ無力なのは変わらないし、そもそも自信ってどうやって持つの???←」


カリンさん
「こんなに強ーい味方がいるのにぃ??(煽り気味)」




「……あまり意識した事は無いな、タルパが付いていても私一人感覚だわ」



カリンさん
「私が付いていても怖いっての??」



「い、いや……た、頼もしい、んだけど……ね?(しどろもどろ)」



カリンさん
「孤立無援で心細いのは理解できるけど、アンタの場合たくさんの味方タルパもいるじゃん?」


カリンさん
「味方もいるんだし、もっと堂々としてても良いんじゃない?」






「…………いやぁ、その」



カリンさん
「それとも肉体の有無がそんなに大きいのかしら? どっちにしても知恵も能力も貸せるんだから、そこは人間扱いして頂戴」




「う"……他人の意思を借りて自信を持つってダサくない……(´・ω・`)??」



カリンさん
「ダサくはないわ(即答) 自信ゼロよりはマシよ!」



カリンさん
「最初は、私やEB殿が信じているからって理由で自信を持ちなさい」



カリンさん
「悩めるマスターなら自惚れも盲目もしないだろうから、心配なら私たちを頼りなさいよ」








と言う話がありました。耳がいたい(´・ω・`)
カリンさんの目からは私は謙虚を通り越して、地面に埋まって見えるらしいです(´・ω・`)


実際、自分に自信を持つのがとても難しいです。
なんせ今までの積み重ねは崩れており、痛い目も見てきている。これ以上自信を持って痛い目に遭うのは嫌です……(´・ω・`)



ただ、カリンさんの言うように、タルパを味方だと思って「常に私の味方はいるんだ……!!」って自己暗示するのは良さそう゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。


自分に自信は持てないけど、我がタルパが素晴らしいのは分かっている。
自信、持てるかなあ(´・ω・`)挫けそうです
スポンサーサイト



Newest

Comment

Leave a comment