FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

お願いだから夢に出てくれ 『蒼さん編』

悪夢から助けてくれるのも良いけど、日常系の夢にも出てきてほしい……(゜レ゜)





更なる我儘を言い放ったマスター!!
果たしてタルパの反応はいかに?!


何気に続いている懇願編(゜レ゜)今回も希死念慮があります
そして、何気にタルパの新しい能力を知ったマスター!!タルパオカルトにもご注意を
(`・ω・´)










蒼さん
「マスター! ……何かあったんですね、桃色の糸が見えます……」





「え、なに?? ちょっと相談に来たんだけど」





ーー事情を説明中ーー



蒼さん
「ああ……、ゆりねさんが……(´・ω・`)だから貴方から糸が見えていたのですね」




「待って、糸ってなんて??」





蒼さん
「……糸が見えるんです。人から幾多もの色の糸が。マスターにも隠しておりましたが……(´・ω・`)」






現在進行形で全世界(ブログに公開)に公表される蒼さんの秘密(`・ω・´)!!
呪いの話が出た時から(と言うか結構初期から)裸眼では人から糸出てが見えるらしいです。



蒼さんはマスターに隠し事をしていましたとさ(゜レ゜)






蒼さん
「……すみません。隠しておくべきでしたね」




「え、なんでさ(゜レ゜)?!もしかして完全黙秘を目指していた?!」



蒼さん
「(´・ω・`)……そうです」




「マジか?!」



蒼さん
「マスターが気を揉む事をしたくはなかったんです。心配されるでしょう?」





「心配するよ!……私には話しづらかったでしょう?」




蒼さん
「本当にすみません……こう言った時間をとらせる事をあまりしたくなかったのです」





「言ってくれれば……って言う事自体を気に病んでいるのね。これからは私から聞くね(´・ω・`)」





蒼さん
「いえ!マスターにそこまでしていただくなんて!?」






「糸が見えるってどんな感じの糸なの?(華麗にスルー)」





蒼さん
「え?! ……えっと、人間関係が糸の様に本人から出ている、と言いますか……」




蒼さん
「……呪い(ヴァルさんと愛妻さまの件)の時は、貴方に糸が首から上に絡みついて離れなかったのです……だから、すぐに貴方の話を信じました……(´・ω・`)」





「信憑性を気に病むことは無いよ。ハイリさんには相手にすらされなかったし(マジレス)それに蒼さんが色々してくれたおかげで、払ってくれる人が見つかったし」






蒼さん
「……痛み入ります」






「裸眼で何かが見えるって大変だろうに。私も眼鏡を掛けているから判るわ(゜レ゜)」




蒼さん
「……私は目が悪いので殆どの時間、眼鏡を掛けていますので大丈夫ですよ」




「困ったことがあれば言ってくれ。私だけでは気づかない事も多いから(私も気をつけるけど)」




蒼さん
「……はい、マスター。……ところで、貴方もご相談があったのでは……?」





「あ、はい……実はゆりねの事でね(希死念慮についても話す)」




蒼さん
「……成る程、希死念慮もあり、彼女の誘いを断れないのですね」





蒼さん
「もし、マスターがご迷惑でなかったら入信(ダイブ界の宗教)をお勧めしたのですが……」






「私は既に平将門公を信仰しているから。宗教を鞍替えすることは無いかな(゜レ゜)?」




蒼さん
「そうですよね……希死念慮の話は置いておいて、ゆりねさんのお誘いを受けるのですか……?」




「……(´・ω・`)迷っています」





蒼さん
「……貴方が深く悩んでいる事は知っています。だからこそ、私も力になりたいのです」





蒼さん
「(ダイブ界の宗教の)仕事上、殺人は最も忌避する罪ですが……貴方が望むのでしたら」





蒼さん
「その罪も被りましょう。もちろん、貴方の判断に従います」




闇落ち聖職者とか、ド性癖だからあまりそっちの道に誘わないでほしいかな?!自制できないから(マジレス)



蒼さん
「ええー……(´□ω□`)」





「分かりました。まだ悩む事にします」




蒼さん
「私に相談するのではなくて?」





正直蒼さんが殺傷をしそうで怖いです(゜レ゜)



蒼さん
「私もとても恐ろしいですよ? ドキドキしていますよ。罪を犯すのは禁忌ですから」





「尚更うちの子にそんな事させられません(断言)」




蒼さん
「……私は本気でしたよ?」





「だからこそ誘えません。……また何かあったら相談に来るね」



蒼さん
「あの!何もなくても来て下さい……貴方が話してくれる事を待っています」




ーーーー
タルパに隠し事をされていたでござる。
タルパとの約束は『私に不利な隠し事や嘘は付かない』だから糸の話はセーフだったのか

まあ、生きていれば隠し事をだらけだよね(゜レ゜)


嘘はつけなくても隠し事はできるのか……ちょっと考えないといけないな
スポンサーサイト



Newest

Comment

Leave a comment