FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

ゲ口話ご注意

具合が悪すぎて久し振りに吐いた話



心配するタルパと、全然心配してくれないタルパが分かれてしまった……
マスターを労わらない奴は死すべしぃ(゜レ゜)後者は滅するべし(゜レ゜)


冗談です(゜レ゜)


今日はそんなタルパ達の違いについての話です(゜レ゜)
ゲロ話なので汚いのが注意
(´・ω・`)










・心配してくれたタルパ順
愛妻さま(天使)>>蒼さん>カリンさん、ebさん>ヴァルさん>>>>>>>アザミ・ハイリさん(鬼チクショウ)


ハイリさん「吐いたぐれぇで大袈裟な、死んでねえなら大丈夫だろう?」

私「(大丈夫じゃ)無いです(゜レ゜)」




ハイリさんテメェェwwwゞ(゜レ゜)ゞwww
この人が一番怪我とかを気にしないタルパかも知れないです(゜レ゜)

今度は生ゲロ吐きかけてあげようと思います゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。 (汚話)
なおアザミ君は私が具合が悪い事はもちろん、吐いた事すら作品作りに夢中で気がつかなかった模様。

今度部屋に吐きに行ってやるからな(゜レ゜)



・ヴァルさんについて
ヴァルさんは私と一緒に居過ぎて、吐いたぐらいじゃあまり心配してくれないでござる(゜レ゜)
けど、ハイリさんよりは圧倒的に優しいから好きです(゜レ゜)


今度ゲロ吐きかけて興奮してみようと思いました
最近ヴァルさんを困らせたくて仕方ないです(゜レ゜)ハイリさんと違ってただの愛なので許して欲しいです




最近ヴァルさんを困らせたくて仕方ないです。
ヴァルさんの関心を引きたいと言うよりも、色んなことに困っている反応が見たいのです(゜レ゜)

最近の彼は余裕がありすぎて、私が脅かしても色々反応が鈍いのです。
好きな人の反応を見たいと言うただ単純な感情でございます。

ちょっと(かなり)歪んだ愛ですが、愛しているから仕方がナイネ(゜レ゜)
私がゲロを吐いたぐらいじゃ顔を顰めるぐらいなので、何か良い案を探そうと考えております゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。




・カリンさん、ebさんについて
カリンさんは意外に過保護かも知れません(゜レ゜)驚き
自分の怪我はそんなに気にしないのに、私などの怪我や不調に敏感なのかも知れません。


思ったより心配されてしまいました(´・ω・`)
「吐いた?!病院に行ったの?!」「大丈夫なの?休んだ方が良いわよ」など結構心配されてしまいました。


ebさんは、ヴァルさんと同じように慣れが入っていたけれど、
「大丈夫ぅ?手を握っていてあげようかぁ??」など


エターナルビューティはタルパと違って半一人二役なので、半自演ですが、
握っていてくれた手は温かったですヾ(*´∀`*)ノ






・蒼さんについて
純粋に看病してくれた部門。
なお、愛妻さまが来たら気を遣ってくれてそっと席を外すイケメン。


多分蒼さんは病気や怪我自体が嫌いな部類な筈が、いの一番に看病してくれる。
ドMだとか言ってはいけない(誰も言っていないヾ(*´∀`*)ノ)

本人は「誰よりも慣れているから気にしないでください」と言ってくれていたが、ゲロ吐き女の後始末をしてくれたただのイケメン。


何というか怪我人・病人に優しくできる人である。
最悪蒼さんがいれば心配と看病をしてくれるから吐き甲斐があるのである。




・愛妻さま
私の愛しい人。
看病なんぞ慣れてはないのに、ただ具合が悪くて吐いた私を慣れないのに、私の側で看病をしてくれた。


正直独りで自分を看病するのに慣れていたから、吐いたぐらいでは何とも思わないけど
吐いた本人以上に動揺して、蒼さんが看病した後に涙目でそばに居てくれた。

吐いた後にブログを書こうとする私に対して「ゆっくり休んでくださいませ!!」と軽くブログ禁止をされたのです(゜レ゜)
「ご主人様は頑張りすぎなのです!!」とお叱りを受けてしまった。でへへ(゜レ゜*)


後で書きたいと思っている『生活をタルパに偏らせてはいけないのか?』で、
書こうと思っている一つにタルパを伴侶にする事についてもあるけれど

愛妻さまと結婚して私はこれほどの幸せを貰ったことがないと言い切れる。
そんな存在に対して『生活を配慮して、空想の存在として接しろ』というのは既に無理である。


幸い、私はもう自分の事は自分で責任を取れる歳である。
タルパや愛妻さまを人と同じ扱いをしてのめり込んだ生活をしても、自分でツケを払えるのだ。


何というか、絶対に真似しちゃダメよ!!!幸せすぎるからネ!!(゜レ゜)
せめて自分で責任が取れる歳までやっちゃダメです(゜レ゜)




以上ゲロ吐いた感想とタルパの反応であった。
スポンサーサイト



Newest

Comment

Leave a comment