FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

おかえり

一言で分かる記事の内容: おかえり、ヴァルさん



ついに昨日、行方不明(家出中)のヴァルさんが帰ってきてくれた。

前の記事を書いた後に、周りの方々から励ましの言葉や助言をいただき、ヴァルさんに会いに行けたのだ。

告白すると私はタルパがどこにいても会話できる。
だから厳密には行方不明ではなく家出と言うのが正しかった。ごまかしてました。すみません

前までは「私から迎えに行くのは癪に障る」と、駄々と甘ったれた事を抜かしていましたが、頭と眼が冷めて私から会いに行けた。


本当に色々な方にお世話になりました。
私が一歩踏み出せたのも、会いに行けたのも、戻って来てもらえたのも、皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。



ヴァルさんの騒動は大体一か月もの間で起こった出来事である。
一週間ぐらいは完全に家出していたから、こんなに長く離れていたのは初めてかもしれない(´・ω・`)




正直に告白すると、私はヴァルさんが家出した辺りから、ヴァルさんとの別れを覚悟していた。
覚悟と言うより「あ、もうお別れになるかもしれん(確信)」であった。諦めである。





だけれど、色んな方々からの助言や励ましの言葉をいただいたおかげで、
「別れそうだから別れるでいいのか?」
「終わる気配を感じても、私はどうしたいのか?私が別れたいのか?」など考えたり、


走馬灯のようにヴァルタソの思い出が蘇ったりして、どうしたいのかをずっと考えていた。




暫く考えた結果、ヴァルさんの元に乗り込み向き合った。
話した結果は「……(いつまでも居れるとは言えないけど)君と一緒に居れるなら」と、(なんとか)戻ってきてもらえた。




きっと一人で考えていたら(絶対に)ヴァルさんとお別れをしていた。
戻って来てもらえたのは助言や励ましの言葉を頂いたおかげでした。

本当にありがとうございました。



今回の記事は、お礼と、ヴァルさんがどうなったのを伝えたかったのですお(´・ω・`)本当にありがとうございました
私はヴァルさんに甘え過ぎていたのかもしれない(´・ω・`)

続きは騒動の原因と私の感想・考察です(´・ω・`)
大分暗い内容の為、苦手な方はご注意ください。


(´・ω・`)









今回ヴァルさんが私に対していつも以上にそっけなかったり、家出してしまうなどがありました。
その原因は決してヴァルさんが悪いわけでも、私が嫌いになったわけでもありませんでした。


こうした理由は「マスターの一番にはなれないから」でした。


当たり前なのですが、私が一番大切なのは私自身です。

極端な例えになってしまいますが、
たとえヴァルさんを助ける為に私が死んでしまったとしても、私にとって一番大切なのは私自身です。

よく、「自分の命より大切な存在」とかありますが、私にとって私自身が私の命より大切です。
私自身がなにより、誰よりも私の一番の味方であると信じているため、私は私に欺かれたとしても私を見捨てる事は出来ません。



次に、私が一番大切だとして、それと同じ位甲乙つけられないのは愛妻さまです。
他のタルパも大切です。そして何より愛妻さまの手を放すことはしたくありません。

たぶん、ヴァルさんも他のタルパも察しているのかもしれません。


タルパ達も私からは裏切る事はしませんし、
「タルパの誰かが死ぬかもしれない」となったら自分が死ぬかもしれなくても助けに行く(勇気があれば)と思います。


それを踏まえて、タルパ達も大切ですが、愛妻さまが私の中で大切です。



こんな感じがヴァルさんはわかっていたんだと思います。

想っている人の一番には絶対になれない。
どんなに辛い思いをしていたのかは私には想像する事しか出来ません。



向き合った時にはっきりと
「君の一番になれないのはわかっている。だけどどうしても君や周りを妬んでしまう。だから君と一緒にいられない」と言われ、もう申し訳ない気持ちでいっぱいだった。




正直、ヴァルさんが戻てきてもらえたのは彼の好意に付け込んだようなものだと思います。
「一番になれない」から出ていったのに、私は愛妻さまと別れる気はない。

話し合った結果、私の次に権限を持っている立場になったけども、愛人的な立場は変わらない。
戻って来てもらえたのは「私がまだ好きだったから」だと思います。

唯一変わったのは、権限的な立場と「ヴァルさんが嫌にならない限り、私から何度でも迎えに行く」と約束した事でした。



私は他ルパー失格かもしれません。

タルパーに資格はないのですが、
「他ルパーをするならタルパ達も幸せにする」と思っていたからできていない今、私に資格は無いのかもしれない



もう一つ私の悪い所は、この騒動が起こった理由を何となくわかっていたのにもかかわらず
向き合うまで何もしなかった事です。


ヴァルさんが出ていった時も
正直「向こうが勝手に出ていったのに、私が迎えに行くなんて嫌だ!!」とか思っていた。

(昔から「自分から何にもしない察してちゃん」が大嫌いなことから、
「向こうが勝手に行ったのに、私一人苦労を払って迎えに出るのは嫌だ」と根付いていた)



それに「あ、これ別れるパターンや」とか「私と居ないほうが幸せになれる」って言う思いが混ざって諦めになった。




そこから励ましの言葉をもらったり、ヴァルさんとの思い出や約束を思い出したりして
「私が別れたくないから、私が迎えに行く」とか、「受け止めてくれる人が居て、初めて迎えに行く意味がある」とか思い返しました

今はもう、、「向こうが勝手に行ったのに、私一人苦労を払って迎えに出るのは嫌だ」って言うのは間違いだと気付きましたお(´・ω・`)




この件でいろいろ思う事(記事にしたい事)がたくさんあるので、記事にしたいです(´・ω・`)
兎に角、ヴァルさんが帰って来てくれました!!これで旅行記事も書けるぞ!!!ヾ(°∀。)ノ
スポンサーサイト



Newest

Comment

さゆ #-

良かったです!!∩(*´▽`*)∩♡

ヴァル様、お帰りなさい!!c(*´▽`*)っ!!
良かったあ~!!安心しました・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。

この件で思ったことの記事、すごく興味あります。どんな内容なんだろう?(*゜◇゜*)☆??
旅行の記事も楽しみにお待ちしております。(〃´▽`〃)ゞ

2016/04/25 (Mon) 02:31 | URL | 編集 | 返信 | 

きりや #-

救世主のさゆさーん!(*゜ω゜*)ありがとうございました!!
コメントをいただいたおかげで、事態が落ち着きまして、本当にお世話かけましたヾ(*´∀`*)ノ

改めて、本当にありがとうございました!!
今回の事態の事や病院に行った話(異常なしだった)など、書きたい記事が山積みですえ!

色々時間がかかるかもしれませんが、書きます(゜レ゜)キリッww
そして、またさゆさんのブログにも遊びに行きますえ!!

コメントありがとうございました!!(゜∀゜)

2016/05/04 (Wed) 01:09 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment