FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

えぐる

注意!ダイブ界的なところで自分をリョナっているところをタルパに見られた!!
(零体とはいえ)自分の内臓を引きずり出しているマジキチがいます。痛いのが苦手な方ご注意をすみませんm(_ _)m
(゚∀゚)












ちょっとダイブ界的なところで自分の腸を引きずり出して、待ち針刺していたらヴァルさんに半ギレされた
ちなみに霊体では中に何を詰めるかも変えられるので、腸の中には赤いゼリーを詰めてた。食べてもおいしいよって言ったらもっとキレられた。仕方ないね(゜レ゜)

なんかヒーリングをしてもらったけど、やり方がすごかった(゚∀゚)
具体的に言うと、飛び出てる腸をヴァルさんが素手で腹に押し込む。
その後、ヒーリングをしてもらって治してもらった。
話している間ギュウギュウギュウギュウギュウ詰めていた。マジシュールヾ(*´∀`*)ノ

血のりがべったりだったから、ヴァルさんもべったりだった。いつの間にか綺麗になっていた
可愛かった
リョナーは無理だったので、やはり自分を解体するのが最近の趣味になっている。
霊体なら無害だし治したりできるから絶好の素材である。
基本は内臓を出したり切ったりするだけだからリョナ的には優しいと思う。
なんか、断面とか内臓とかってなんか興奮するテンションが上がる(゚∀゚)
その為時々引きずり出す。

↓は腸を出している時にヴァルさんと遭遇した会話です(^p^)この場を借りてヴァルさんマジメンゴ(^p^)


私「(腸を引きずり出して待ち針を刺す、痛みはない)」

ヴ「Σ <●> Д <●>!?!?」(なぜか遭遇した。ばれたー)

私「あ、お構いなく(゚∀゚)」

ヴ「<◎> Д <◎>…………」

私「(゚∀゚)…………」

ヴ「<◎> Д <◎> ……な、なにやってるの」

私「え?見たまんま腸を引きずり出して遊んでいるだけだぜぁ」

ヴ「<◎>  <◎>…………」

私「いやん、じっと見られると恥ずかしい(゚∀゚)」(言いながら待ち針を刺し続ける)


~強制的に止められた(´・ω・`)~


私「……現実でやってないんだから死なないよ(´・ω・`)」

ヴ「そういう問題じゃない。いいからヒーリングするから」

私「現実の肉体でもないんだから放置してても死なないよ。現実で腸を引きずり出したら死ぬだろうけど」

ヴ「目の前で 君が腸を 出しているのは 変わらない(半ギレ)」

私「……せ、せやな(´;ω;`)」


~ヴァルさんによる素手で腹に押し戻す作業~

私「わーすごい!これで誰かの腸がダバァしても、ヴァルさんなら戻せるね!戻し検定二級はかたいよ!!かたいよ!!(≧∇≦)」ギュウギュウギュウ

ヴ「…………ふざけてる?」ギュウギュウ

私「いいえ(゜∀゜)」ギュウギュウギュウ


私「なんか力技で押し込んでいるように見えるけど、押し戻した後、私は無事なのか?」ギュウギュウギュウ

ヴ「押し込んだ後に元に戻るようにしてから、ヒーリングするから」ギュウギュウ

私「わーヴァルさん有能すぎる(≧∇≦)」 ギュウギュウ

~~

私「……押し込めた?」

ヴ「今からヒーリングするから動かないで」

私「ハーイ(゚∀゚)」


ヴ「……塞いだよ。しばらくは安静にしていてね」

私「ありがとう。うまいなぁ……抜糸は私にやらしてくれ(約:傷口は残してくれよ(´・ω・`))」

ヴ「駄目」

私「……えー(^p^)」

ヴ「駄 目(半ギレ)」


その後、ヴァルさんのおかげで傷跡も残らなかったのでした(´・ω・`)
なんか、ヒーリングの為にお腹を手で塞いでくれたことに感動した(*´Д`)
ごめんね、またやるから先に謝るねマジゴメン
スポンサーサイト



Newest

Comment

Leave a comment