FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

ヴァルさんと結婚指輪を見に行ったら、いつの間にか口論になっていた(´⊙ω⊙`)※9/20 後日談追加

※なお内容は「こっちの方が君に似合うから……!」と言う趣味の押し付けな模様



くっだらねえ(´⊙ω⊙`)……


ヴァルさんが私の方の指輪にケチを付け、こっちの方が君に似合う。と譲らなかった(´⊙ω⊙`)
君にそこまで指輪への信念があった事に驚きだわ(´⊙ω⊙`)



私はブラックダイヤ(ヴァルさんの色)とふつうのダイヤのちょっと華やかな指輪が良かったんだ……
……でも、ヴァルさんは「こっちの細やかにダイヤがあった方が君らしいし良いと思う(※譲らない)」と言うのだった……。




……いや、そっち着けるの私やんけッ?!私の好みで良くないッッ?!(´⊙ω⊙`)



そう言うも、「いや、こっちの細やかな方が君に似合う……!(※譲らない)」と言い張り、結局決められず帰ってきました……(´⊙ω⊙`)


自分の指輪ならともかく、こんなに相手の指輪に意見し続けて口論するの、私達ぐらいじゃないか……?
そのくらいくだらない言い合いしたわ……(´⊙ω⊙`)


続きはお店の中での話や口論の様子です(´・ω・`)
くっだらねえのでご注意下さい
(´・ω・`)









そもそもな、相手の好みに口を出す事はどうかと思っているんですよお……( *`ω´)
愛妻さまの婚約指輪よりも時間がかかっている間について……(´・ω・`)



ヴァルさん
「それでも……君に合っている指輪の方が良いと思うんだけどね……」




そう言って引かないヴァルさん(´・ω・`)
要約すると「せっかくだから、僕との指輪という事で僕らしさ(素朴さ)を感じる指輪がいい」と言っているのです(´・ω・`)



ワガママだなあ(´・ω・`)
まあ、素朴な方がお値段もリーズナブルだからそっちを押しているのかもしれないなー


そんなこんなで、今日見に行ったジュエリー屋さんで決める事はできませんでした(´・ω・`)


ヴァルさん用の指輪は普通に決められたんだけど、私用の指輪は意見が割れて決められなかった。





ちなみにヴァルさん用のはシンプルなデザインでブラックダイヤが一つ付いている奴。
私の方は、華やかな指輪か、素朴な指輪かで揉めている……(´・ω・`)


私も指輪は大好きだから、華やかな指輪の方が良いのだが……。




うーん。


結婚指輪なんだから私が折れた方が良いのだろうか……(´・ω・`)



ヴァルさん
「……。」




「という事で、話し合いましょうか( *`ω´)」




ヴァルさん
「……そうだね。はっきりさせないと先に進めない」




「はっきりと言います。石が大きめな指輪の方が素敵です゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。 」



ヴァルさん
「……でも、華やか過ぎて目立つと思うよ?」




「……(´・ω・`)」



ヴァルさん
「……世間の目から見れば、君は独り身なんだから」




「いや!?私が自分のご褒美で買った事にするから!!!大丈夫!!!」




ヴァルさん
「……そんなに、言うなら君の好きにすれば?」





「……そんなに不満げな顔をして……そんなに素朴な指輪が良いなら君の指輪にしたら??」



ヴァルさん
「そう言う訳じゃないよ…………。……ただ、君に合っている指輪をつけて欲しかっただけなんだよ」



「…………。あの指輪じゃ未来を誓えない??」




ヴァルさん
「……! ……どの指輪でも君と契る事は変わらない、か。……たしかに、そうかも知れない、ね……」




ヴァルさん
「……結婚指輪という言葉に浮かれ過ぎていたのかも知れないね。ごめん。君の好みを蔑ろにしていたかも知れない……」




ヴァルさん
「指輪は君に任せるよ……君の好きな指輪を選んで」





「゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。 やったあぁぁあ!!!」




ヴァルさん
「……君と愛妻さまが指輪を合わせていたのが羨ましかったのかもしれない。君は自分の好みより彼女の好みを優先していただろう?……それが、少し……羨ましかったのかもね(´・ω・`)」





「……ヴァルさん(´・ω・`)」




ヴァルさん
「……でも、指輪は違えど想いは変わらない。それを忘れていたよ……指輪の形で愛を測るなんて本当に馬鹿な考えだったよ(´_ゝ`)」





「ヴァルさん。あの華やかな指輪だったら、私、自分で自信が持てるかもって思っていたの」




ヴァルさん
「……自信?」




「私の武器にもなると思ってね……けど、結局考えているのは自分の事だけでヴァルさんの事は考えてなかったわ(´・ω・`)ごめんね」



もう一度考えてみるね、と言うとヴァルさんは驚いたような顔をして、すぐに微笑ましいと言わんばかりの顔をしていた。





ヴァルさん
「……でも、いつも身につけられるデザインにしてよね?」



「分かったよ!!゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。 もう一度考えてみるね!!!」







こんな感じに議論が終わった゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
私の理想的な議論はこんな感じに、お互いに良い考えを得られるのが理想である。


一方的に打ち負かすなんて暴力だからね。



愛妻さまとの指輪の件が羨ましかったか……(´・ω・`)
たしかに私の趣味というより、愛妻さまの趣味を優先させて、私の指輪も彼女の婚約指輪のデザインに合わせた(´・ω・`)


それがヴァルさんの中で突っかかっていたのかも知れない(´・ω・`)




こうして結婚指輪の主導権を得た゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。 んだから、私も一度考え直してみようと思います!
明後日、また同じ店に行く予定です!!ワクワクヾ(*´∀`*)ノ




ーーーー

〜後日〜

ヴァルさんとの話し合いもして、無事結婚の了承(これの1番最後に書いてあるヴァルさんのマリッジブルーの話)も貰ってルンルンでお店に行きました゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。



結局私の指輪はダイヤとブラックダイヤが付いている華やかな指輪にする事にしました!
華やかって言ってもシンプルだから日頃も付けれると言うことで゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。



ヴァルさんは「いいんじゃない?……似合ってるし」と言ってくれました゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
※ただし金は私が出す(゜レ゜)重婚者の辛いところである……



内側にはお互いの誕生石(ガーネットとペリドット)を交換で入れておきました゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
これがタルパガチ恋勢の本気だ……(゜レ゜)!!!



なお納品はヴァルさんの指輪の方が早く、11月下旬ぐらいになる模様。
愛妻さまとはもう結納しちゃったから(事後報告)あとは12月24日にヴァルさんと結納するだけである(゜レ゜)


わー!!!出来上がり楽しみ!!!!!゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
スポンサーサイト



Newest

Comment

Leave a comment