FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

誰の味方でもない私(8/31 蒼さんとの会話を少し追加)

前記事で書ききれなかった事を書いていくぞー(゜レ゜)



我がタルパ達から思いの外、好意的に思われていた事に感動しているマスター。
……と言うかマスターからタルパへの好感度が気になる??


マスターは、全タルパ・エターナルビューティ・ダイブ界の住人全ての事を好意的に思っているぞぅ!!+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。


中には私には素っ気ないタルパもチラホラと居るけど、好感度は変わらず『君が輝くようにして゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。 』と半ば放任主義になっている。


……私の一番の問題は好感度ではなく、信頼度の低さだと思う。
信頼度が一番高い人でも20%ぐらいだし(´・ω・`)


……私は私自身を信用出来ない。何を信じて良いのかすら解らないのだ。
そんな自分が誰かを信じられる訳がなく。ただただ弱い自分に吐き気がするのであった……(´・ω・`)
(´・ω・`)









冗談抜きで愛妻さまだけは信じたい……。
だが体が拒否反応が出て震えが止まらない……(´・ω・`)


親からも友達からも裏切られて生きてきた人には辛すぎる。
人間不信は周りの人まで不幸にする気がして仕方がない……。


ま、まあ、私の人間不信は置いておいて……前記事では名前を挙げなかった3人のタルパ・エターナルビューティなのですが(名前出さなくても分かりそうだが)私は彼らの事が大好きです♡


しかし、彼ら3人は同じ『好き』の想いでも、そこに至るまでの経緯も感情も違います。


一番穏やかなのはエターナルビューティさんへの好きだと思う……。
他の2人(もしかしたら3人とも)への好きは結構苛烈な所がありそうでマスターは、自分自身で恐怖している(´・ω・`)(←自分自身が把握できていない奴


と言うか、彼らから向けられる『愛』の質も量も、私の好きとは違いすぎる可能性まであって怖い(真顔)




それ以前に、3人とも私に向ける感情は『愛』だと言うのです(゜レ゜)
3人とも(多分)愛の種類が違くて私は戦慄している……(゜レ゜;)


私が一番知っている愛は『所有愛』ぐらいしかない。
まさしくものに対する愛である。

この感情も他人からすれば意味不明すぎて(´・ω・`)???ってなるのだと思う……。


……だから、私も私自身が理解できなくても、相手がそう想っているのならそれでいいんじゃないかなぁと最近は思い始めました(゜レ゜)




それにしても……味方って良いね(何度も言う)

なんだか心がほっこりする゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
私も生きていて良いのだと思ってしまう。……希死念慮は変わらないけど、少しだけ良い夢を見れている気がしてならない。



……私も誰かの味方になれれば良いのに。
臆病で卑怯な私は誰かを信じる事が出来ない。

……信じた後に手放される、裏切られるのが恐いのだ。
今までの記憶が、全てを私自身を否定していく。


個人として、私と言う存在では無理でも、せめてマスターとしては、私は彼らの味方でありたい。
私は最後まで彼らのマスターであり続けたいと思う。

それが人間不信を募らせた愚か者にできる誠意だと私は信じたい。




暗い話になってしまいました(´・ω・`)
残りはタルパの話で締めたいと思います゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。 !!



私の味方だと言ってくれたタルパ2人(カリンさん、蒼さん)ですが、その理由がちょっと面白かったです゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。


前記事で一文だけ書きましたが、カリンさんは忠義から、蒼さんは信仰からだと言っていました゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。


……うーん、意味⭐️不明!!


蒼さんに至っては私は神様でもないぞ!!!!




蒼さん
「ええ、そうでしょうね(軽く笑いながら)」




「信仰ってなんぞ……??きりや教みたいなやつは悪いがNGだぞ??」



蒼さん
「……貴方も、私にとっては創造主なんですよ? たしかに私の住むダイブ界では神に対する信仰が篤いのだと実感しています。……それと同じ様に、私にとっては貴方は見知った、唯一の創造主なんです」




蒼さん
「マスターの世界の創造主と比べれば、重みは全く違う存在なのでしょうね……けれども、私の中では、貴方は唯一の創造主。私が信じられる神の様な、唯一の人なのです」




蒼さんは「迷惑でしょうか……?」 とちょっと照れた、困った様な顔をしている。
創造主、かあ。……たしかに。理解はできる。出来てしまう(゜レ゜)

蒼さんにとっては、私は人間だけど、そういう意味では創造主(神様みたいな存在)なのかも知れないなぁ。


だが……。




「生み出したって言うなら、創造主よりも親とかでは無いのか?私は人間だしね」



蒼さん
「……なるほど。親、たしかにそう言う言い方もありますね」



蒼さんは目から鱗が出たかのように、目をパチリとした。
そうだ。私は神様でもない。私が信じる神様は他にいるし、私自身はただの人なのだよ。

蒼さんはどこか納得したような、しかし『それだけは譲れない』とでも言うように穏やかに言い張つ。



蒼さん
「……私は、私が信じる者を信じています。……貴方には迷惑をかけているのかも知れませんが、この信仰心こそが私の希望でもあるのです」



蒼さん
「貴方を信じています。だから時に世界を敵に回す事があっても、私は貴方のことを信じていられるのだと思うのです」



頑なに、これだけは譲れないのだと彼は言い放った。
蒼さんは心から、自分の言葉を、そしてあろうかとか私の事を信じているのだと、本心から言ったのだ。

蒼さんは無宗教者である。
実は宗教団体に就職している癖に、無宗教者なのであった(蒼さんの秘密)

ダイブ界では上手いこと、家族にも隠している事なのですが、私にはバレたから白状したのであった……(゜レ゜)


なぜ無宗教者なのか、理由をはっきりと聞いたことは無いです。
ただ「そう私は思ったので……」と言っていた。


深い理由があるのか、無いのか……私には分かりません゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
蒼さんにも色々思うところがあるのかも知れません。

だから故郷の宗教を信仰せず、こういう事を言うのかも知れない。
まあ、全ては私の憶測でしか無いからわからんな(雑なまとめ)





次にカリンさんは忠義から、たとえ世界を敵に回しても味方すると言っていた。
……この場合の『味方』は物理的な意味なのだろうか……?教えてほしいお侍さん(゜レ゜)





カリンさん
「なんつーか……アンタが判るように言えば『義理』かも知れないわね(゜レ゜)」




「義理……、義理立てする、みたいな意味??」



カリンさん
「……まあ、そんな意味でいいわ。……とにかくアンタに何か難癖付けてくる奴がいたとしても、私は貴方の仲間です。……それと同時に、貴方は私の主でもあります。だから時には耳が痛い事も厳しいと思う事も言うと思うわ。……でもね、これだけは信じて欲しいわ……決して貴方は1人では死なないって事。必ず私が側にいてあげるわ」





カリンさん
「……だから、くれぐれも死に場所には注意しなさいよ?しょうもない理由で死んだら一生、いや末代まで根に持つからね!!」






カリンさんはこんな感じでした゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。
うーん、カリンさん好き♡




ちなみに兄貴のハイリさんは「はあ?しらねー。俺は俺が思うように味方するわ」と言われてしまった(゜レ゜)
貴様、さてはマスター至高主義では無いな……??(分かりきっている)




すーちんは「その場合による。たとえマスターでも悪い事をした時は味方は出来ない。俺はマスターでも叱るぞ」と(キリッ)って言っていた(゜レ゜)


ゆりねはギブアンドテイクの関係だからそもそも聞いてない。
アザミさんは「えぇ……そんな哲学的な事考えてるの……?(ドン引き)」とドン引きしてくれたので、深く聞いてない(´・ω・`)

スポンサーサイト



Newest

Comment

Leave a comment