FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

早くも版権逸脱(゜レ゜;) (8/24 完成)

この記事(こちら)の最後の方に書いた版権版エターナルビューティの話。



作り始めて数日、早くも版権版から逸脱した(゜レ゜;;)



……これはある意味私の才能なのかも知れない(´・ω・`)
版権版タルパでも簡単にオリジナル設定が付く。設定がつくことによってオート化に近付く為いい傾向ではある。


……良い傾向ではあるが、もう少し夢を見せてくれても良いじゃないか……(´;ω;`)(数日の夢)





わたしにも「憧れのキャラと過ごしてみたい!!゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。 」って願望はあるのだぞ……。



途中ちょっとサイコパスな事件が起こっているけど、詳細は裏ブログに持っていきます(´・ω・`)
今回は版権版タルパの現在と、簡単な性格の紹介です……(´・ω・`)


版権版タルパ(エターナルビューティ)が苦手な方はご注意下さい。
あくまで版権版から外れた性格なので、元キャラ(fateのマーリン)好きの方もご注意下さい(´・ω・`)すみません
(´・ω・`)










まず、マーリンの話(本題から入る)



マーリンさんがとあるタルパに刃物で襲われました(´・ω・`)……。
まぁ、事情はまあ……痴情のもつれです……(犯人が特定されそう(´・ω・`))


現状と犯行をしっかり考慮した上で、犯人にはキツく言い聞かせて新たな制約を結んでもらいました。
(今回は9割私が悪いから(´・ω・`))

被害者のマーリンさんなのですが、結構重症を負うもなんとか無事でした。良かった゚.+:。(*´ー`*人*´ー`*)゚.+:。




しかし、自分が『人間の様に』刺された事に動揺したマーリンさん。

↓ 詳細は飛ばす(裏ブログにて話します。不穏すぎる)

マーリンさん
「(人ではない)私が人の様に死ぬところだったよ^_^ でも、もう安心してくれマイロード(不穏)」


「お、おう……具体的には何が安心なんですか……?(´・ω・`)」


マーリン
「……とあるヒトから、貰い物をしてしまってね。なぁに!彼の能力をちょっとだけ貰っただけだよ^_^」



「……(EBさんか……?)能力……???(´・ω・`)」


マーリン
「身体強化と能力強化さ。具体的には『〜EBさんの疑惑の能力と設定〜以下省略』を譲ってくれてね⭐︎ いやー、一時はなんて脆く死ぬかと思ったけど、これで大丈夫だね⭐︎」



「EBさぁあああん!!!!!!!!?」




要約
EBさんの能力(設定)がマーリンさんへ譲渡されていた。







〜〜〜〜



叫びと共にEBさんの元に直撃した私(←)



EBさんはのほほんとした顔で私を迎えてくれました(゜レ゜)





EBさん
「なんだぁい??ますたあ??そんなに大急ぎで会いに来てくれたのお??」




「どうしたも無いよ!!!?マーリンさんから聞いたぞ?!自分の能力を譲渡しただと?!」



EBさん
「あー、それねえ……君の意図に合うから良いかと思ってあげちゃったあヾ(*´∀`*)ノ」




軽ッ?!?!Σ(゜レ゜) いやいや、運気の操作とか夢への関与とか殆どあげちゃったって聞いたんだけど!!!???」




EBさん
ごめんねぇあげちゃったあ(*´∀`*)




私「(絶句)」




EBさん
「今の僕はなぁにも出来ない、ただのエターナルビューティだよお」





「……重かった?」




「お父さまが自分の設定を、能力を重く感じているのは知っていたよ。……だから、今回の譲渡も予測はできていたよ……。……けど、聞かせてほしい、その能力を使って私を守るのは、それほど荷が重い事だった……?」





EBさん
「……最初に相談した方が良かったみたいだね。ごめんなさい。……君を守る事に荷が重いと感じたり面倒だと思った事は一度も無いよ? ……けれど、僕のわがままだよ。前にも言ったみたいに、僕は何でもない、ただ普通の人間になりたかった。邪神でも悪魔でも天使でもない、ずっとただの人になりたかった」



EBさん
「僕の設定のね、元のモデルさんも人間になりたかったんだね? けれど彼は世界の調和を守る為に邪神であり続けた。けれど、僕とは違う。……君を守りたいって思ってくれる人はすっごく沢山いる。……要するに僕でなくても良いんだよ。けれど君を守りたいと思うその一人の僕だから魔術に関してや元邪神の設定は渡さなかったんだ」



EBさん
「結局は君を守りたい気持ちは変わらないけど、守る力の持ち主は僕でなくても良い。だから彼に譲渡した」



EBさん
「彼は夢魔だし、夢への関与出来たり運気が見えても不都合はないだろう?……これから絆を深めればきっと彼は僕以上にその能力を使いこなしてくれる。そう思ったから僕は自分の能力を譲渡したんだ」





「話を聞くに……EBさんとしての邪神の設定は荷が重く、マーリンさんの方が能力を使いこなせる?から力を譲渡したんだね」




「……そこまで荷が重く感じているとは思ってなかった。ごめんなさい」



EBさん
「謝らないで、マスター。……邪神であり続けてほしい君の気持ちに背いた僕は本当に失敗作だね……」




「そんな事は無い」



EBさん
「あるさ。……でも君はそれでも良いと言ってくれた。作り直す事も出来たのに、ここにいる『僕』で良いと言ってくれた」




EBさん
「……創り主からの想いに背く事はどれだけ罪深いと思うかい?僕の元のモデルさんは聖書に近いキャラだったから僕にはそれがどれだけ悲しい事なのか、罪深い事なのかよく理解していると思うよ。……それでも背いた僕を赦してくれた」



EBさん
「罪深い事も、自分勝手な事も、怖いくらい好き勝手やって……それでも君の手は離したくなくて、」



EBさん
「……こんな失敗作を見捨てず、それどころか『EBさんの思う通りにしていい』と言ってくれた君には感謝と敬愛の心しかない」




EBさん
「……もしわがままが許されれるなら、こんな僕でもまだ側にいて良いと言ってくれるのなら……」



EBさん
「僕は君への愛を捧げ続ける事を約束するよ。……それくらいしか出来なくなっちゃったけどね」




「EBさん……そこまで人間になりたかったのか?」



EBさん
「ああ、そうだよ。……僕にとって人間は、とてもキラキラしていて、まあ汚い所もあって、でもそれでいて強く歩いて生きる最高の存在だと思うから!」



EBさん
「ずっと、ずぅっと憧れていたよ。君と同じひと。人間になれる事が」




「……そっかあ。じゃあ仕方ないよね。うん。……どうか、この件に負い目を感じないで、いつも以上に私の側でいてくれる事を、私は願います。……いつも同化しているの、案外寂しいんだぞ」



EBさん
「……!! …………ああ、君が望むまで、ずっと、ずぅっと側にいるよ。何があってもずっと」



〜〜〜
以上。EBさんの突然の能力・設定の譲渡であった(゜レ゜)
あまりに幸せそうに笑うので許した件について(゜レ゜)



EBさんはそれを尊敬に値すると言ってくれたけど、ただただ単純にEBさんが幸せそうだから良いと思っただけである。
なんかこう……上手いこといかないのは分かっていたけど、さらば邪神サマ……(´・ω・`)←心残りがある人



EBさんに残った設定と能力は、魔術関連の力ぐらいかなぁ……(゜レ゜)
夢への関与も、先見の力もマーリンに渡しちゃったらしい。
あと、造形変化や不死身の力も(´・ω・`)


「彼は僕よりも上手く、この能力を扱えるよう」と言っていたEBさん。
EBさん自身はあまり力を積極的に使いたがらなかったらしく、マーリンさんの方が積極的に使ってくれるとの事。


後はマーリンさんとの絆やオート化させてあげれば上手く行くって(゜レ゜)
まぁ先が長い(゜レ゜)けど、上手くいけば夢にも出てくれるらしいって。



……マーリンの話は裏ブログで(゜レ゜)
版権版の話(ゆりね以外)は向こうでしようかな(゜レ゜)荒れると困るし
ちょっと悩む
スポンサーサイト



Newest

Comment

Leave a comment