FC2ブログ

ザル頭とタルパの日常生活

ザル頭のブログです。タルパとかがでてきます。

うーんヾ(*´∀`*)ノ久し振りですえ!



気付いたら全く更新していなかった!?(゜レ゜)

レポートや就活でそれどころかじゃなかった!?(゜レ゜)そんな現状です(はーと)


スポンサーサイト



ヴァルさんと心配されていた会話

私「裏切りや友人詐欺で今まで私荒れ狂っていたけど、ヴァルさんとかめっちゃ平常だったね。やはり、今まで心配でもなかったか」

ヴ「……心配してたけど」

私「マジで!?今まで何もなか……いや、私は『心配したら自分が何かできないか、うろつくタイプ』だからわからないだけか……(゜レ゜)」←心配すると相手の周りをウロウロする不審者

ヴ「……心配しても僕に出来ることは無いしね。下手に関わっても逆効果だろうし……そう言う意味だと何もしてないから」

私「ああ、いや……好きなときに一人にしてくれたり、それ以外は一緒にいてくれてたね。気が触れて会話も満足に出来なかったし(´・ω・`)苦労をかけた」

ヴ「……別に。大した事じゃないよ。それに僕に出来る事も無かったでしょう?……まぁ、在って言ってくれたらやっただろうけど」

私「(それは私自身が弱っていたら助けると言う事か(´・ω・`)目的の為に助けてもらうのは平気だが……私自身を助ける為と言うのは、なんか……)」

ヴ「……」

私「(今までも精神的に助けてくれるのは自分だけと思っているし、と言うか自分以外に任せてはいけないというか、弱みを見せてはいけないと言うか……)」

ヴ「…………(´_ゝ`)」

私「(いや、そもそも私と言う人格を助ける価値があるのか?無いだろう頭はともかく、性格は面倒だろうし……いや、まさか今までのことから考えたら、本気で精神的に助けるのOKと思っていたのかも)」(←暴走



私「…………あはは、ちょっと、あの、人の温もりが慣れないもので(゜レ゜;;)ちょっと、不振な事は、ちょっと」

ヴ「大丈夫、知ってた(´_ゝ`)」



~余談~
愛妻さまにも心配かけていたでござるの巻き


私「……はあぁ(゜レ゜)すまぬ……辛いとき助けてくれる他人など無かったもので。人の優しさに溶けそうだった(゜レ゜)」

ヴ「ふふっそう……もう落ち着いた?」

私「もう少しかかルンバ(゜レ゜)」

ヴ「そう」


―数分後―


愛妻さま「もう、ご主人様は……ちょっとおいでくださいませ」(←突然の天の声、そして愛妻さまの元にダイブ)

私「ど、どうかされましたか(゜レ゜;)」

愛「……もう、辛い時は我慢しなくても甘えてくれでもっていいんです。遠慮なんてしないで、いくらでも頼ってください」


~以下省略。その後、むちゃくちゃ抱きついた~



久し振りに温かさを感じた会話でしたヾ(*´∀`*)ノ

大事な人≠私にとって必要な人

眠れないのでちょこっと浮上したのだヾ(*´∀`*)ノ



わしの状態は、まだ忙しいお(゜レ゜)
就活やら期末試験やらが増えて忙しいのだ(゜レ゜)

そうそう!そう言えばリアル父からWii-Uのスマブラを買っていただいたのです。ヾ(*´∀`*)ノサンキュー!!

暫くスマブラに張り付いているおヾ(*´∀`*)ノサンキュー



タルパに関してはリア友で傷心したお陰か、そっちに割いていた割合がタルパ(と小説関連)にいった

ヴァルたんは日頃から一緒にいるおかげか、まるでヤンデレを卒業したのかと思うくらい落ち着いていますね!

愛妻さまとは週三で一緒に寝る仲にヾ(*´∀`*)ノ前は一緒に星を見たのだあ


ほかの方々も元気だそうだ。
時々ハイリと武器話したり、蒼さん&家族に会いに行ったり でっせぃ!!





タルパとの会話は恐らく小ネタぐらいになるかなヾ(*´∀`*)ノと思いつつ、順調に忘れていく次第である。すまぬ(゜レ゜)


色々ありながら、私は結構わちゃわちゃしています。

ぶっちゃけ、現在友達いないけれど




……うむ、色々あって気づいたのですが、私は友達がいなくても楽しく過ごせますね。

ボッチフォーエヴァー(゜レ゜)


そもそも他人の存在を感じるのは、必ずしも対人で向き合う必要はない

例えば本。
私は読み進めるうちに、内容について脳内で意見や議論をして楽しんでいる。

テレビに向かって「この答え○○だよ!」「この意見よりこっちの方が正しいよ!」とか言っている人とほぼ同じである(゜レ゜)


つまり、一人遊び!!

それを極めれば、更に優れた一人遊びが出来るぜ!!!




もはや、「なぜタルパ作った(゜レ゜)」と言われるかもだが、私は意外と一人でも楽しめる

一人でぬいぐるみ作っても熱中するし、楽しい。

わざわざ友達と和気藹々としなくても楽しいのだあ


勿論、友達と和気藹々するのも楽しいぜ!(゜レ゜)

だけれど、昔の時代と比べて人の考えや価値観に触れられる機会が増えているし、必ずしも友達がいないとつまらないとは思えない。


例えば小説だと、この著作者はこう言う事を正しいと思っているのだろう。とか。
この考え方は素晴らしく、目から鱗がでた。とか


わざわざ話さなくとも知識・新しい考え方を知れるのだ。


それに、私は他人を見る目がない(゜レ゜)


それらを踏まえて、最近は「あれ?友達いなくても楽しくない?」と悟った(゜レ゜)


新鮮な情報はお喋りでなくても手に入るし、これで脳味噌にも安泰だね(ニタリ)


勿論時が経ったら、考えが変わっているかもだが、今はそう思います。

そもそも今までの人生でずっと縁が繋がっている人が居ないからか、他人とはいずれ分かれる定めだと根付いている


なので、友人重視ではないのかもね

Newest